猫伝染性腹膜炎、治療薬の事。

昨年、MUTIANを使って治療した子が1匹おり、
その子は、完治いたしました。
が、高額治療薬であるためFIPの子たちすべてにMUTIANを
使うことが出来ずにおりました。

現在、3匹の子たちがFIPに感染しています。
1.15kgの子…ドライタイプ
2.10kgの子…ウエットタイプ(腹水)
2.65kgの子…ウエットタイプ(胸水)

MUTIANこそ使うことはできませんが、
同じ成分のお薬を使ってみることになりました。

KUMIS(GS-441524 Solution)。
12週、投与します。

2kgの子が、12週投与する計算で
81895円になります(10本)
MUTIANは、症状によっても投与量が違いますが
リトルの子は、この金額の8倍かかりました。

結果がどう出るかはわかりませんが、
今日から12週、3匹の治療を開始いたしました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA